Feb - 08 2017

施主支給のリフォーム

  施主支給でのリフォームはあまりおすすめ出来ません リフォームの際に、お客様がご自分で材料を調達してきて工務店に支給して工事を行う場合があります。 材料を施主支給する事はお客様が得をすると思うかもしれませんが、果たしてどうなのでしょうか。 施主支給はお得なイメージがあるかもしれませんが、実は様々なデメリットがあります。

Nov - 22 2016

屋根の積載荷重を掴んで効率よく屋根上を活用しよう 積載荷重とは、別名「Live Load」といい、屋根の場合は屋根上で人間や物等が動く事によって発生する荷重です。 人の重さや家具等の置く物等が、積載荷重に該当します。 これらを踏まえて、屋根にかかる積載荷重とは何かあるのでしょうか。 非歩行勾配屋根にかかる積載荷重 建築基準法では、普段人が載らない屋根(非歩行屋根)には積載荷重の規定がありません。 実情に応じて決めるという事になっていますので、非方向でも起きる積載荷重について考えましょう。 非方向であれば積載荷重がかからないイメージがありますが、屋根の葺き替え等で職人さんが屋根に乗るので、積載荷重がかかります。 また、屋根上で布団を干したり等をする際、降雪地帯であれば屋根の雪下ろしの際に、積載荷重がかかります。 歩行屋根にかかる積載荷重 歩行する屋上のような屋根形態の場合は、常に行き来する人間の荷重がかかり、物を動かしたりする際にかかる荷重も発生します。 屋根の積載荷重を少なくする為には、積載荷重が発生する位置を柱の上に設ける事です。 柱の上に置く事で、基礎にまで力を伝える事が出来るので、地盤に支えられている事になります。 歩行屋根に重いテーブルや石等を置く場合は、柱の位置を確認した上で置く事をオススメします。 屋根の積載荷重を知って有効活用を行おう 住宅や事務所などの屋根の積載荷重は、180kgf/㎡です。 屋根や屋上に花壇や緑化を行いたい場合は、以下を参考にしましょう。 ・芝生緑化:70kg/㎡ ・ウッドデッキ:35kg/㎡ ・花壇(中木程度):170kg/㎡ ・菜園(ネギやナス、小松菜などの葉野菜程度):170kg/㎡ ・断熱平板:35kg/㎡ これ以上大々的な屋上菜園は、控えた方が良いと言えます。 屋上で何かを行う場合は、建物の構造や積載荷重を把握して行う事が大事となります。

Sep - 20 2015

一軒家をリフォームすると言うのは、具体的にどのような場合でしょうか。 まず、施主がその住宅をどのような状態で購入したのかによっても変わってきます。 新築の場合、中古の場合でも、リフォームの目的が変わってきますね。 このサイトの著作者の紹介 塗装一筋数十年を持つ、このサイトの管理人の先輩である元職人。 最近こういった、建築系メディアに投稿を寄せる事が多く、本業である塗装は二年前に引退している。 主に 外壁の工事を行う際の豆知識 等有名なリフォームの記事を作成しており、沢山のメディアに注目されているライターです。 近々リフォームや外壁塗装に関する事を出版する事も検討している。 一軒家のリフォームは増築を行う事が多い! 非常に古い住宅を手に入れた場合、おそらくは土地の価値だけの事が多いようです。すると更地にして、家を建て直す場合もありますが、もし古い家の基礎がしっかりしていて、

Sep - 13 2015

皆さんの家には、壁の塗装工事の訪問販売が来たことはないでしょうか。 「建物のどこそこの壁にひびが入っています」「今すぐに契約していただければ、格安50万円で外壁を塗り直します」等など、あの手この手で言い寄ってきて、手抜き工事をした挙句、補修工事が必要になった頃にはどこかに消えている。 そんな悪質な業者がウロウロしているのが、建物の外壁塗装の世界です。 悪質な塗装業者に注意しましょう では、そんな業者に引っかかることなく、安心して建物の壁を塗装してもらうには、一体どうしたらいいでしょうか。 もちろん絶対と言っていい方法はありませんが、少なくともできるだけたくさんの情報を集めて、そのうちの何社かに見積もりを依頼し(相見積もり)、そしてそれらを比較する。結局はそういった正攻法が一番正しいように思います。

Sep - 13 2015

建物の老朽化を防ぎ、少しでも長く快適に住めるようにするには、外壁の状態を定期的にチェックし、劣化のサインが出ていたら、早急に問題のある箇所を補修しつつ、塗装を塗り替えることが大切です。 しかも塗装をすることで、防水性や防火性、断熱性なども向上させられます。 もちろん、塗装の目的はそれだけではありません。 賃貸マンションのイメージチェンジに塗装を行いましょう 外観を美しく整えたり、イメージチェンジをするためにも塗装は行われます。特に店舗や賃貸マンションの場合、外観の変更、イメージチェンジは集客率・入居率の問題に直結します。