賃貸マンションの塗装を行うと入居率が上がります!

Sep - 13 2015 | By

賃貸マンションの塗装

建物の老朽化を防ぎ、少しでも長く快適に住めるようにするには、外壁の状態を定期的にチェックし、劣化のサインが出ていたら、早急に問題のある箇所を補修しつつ、塗装を塗り替えることが大切です。

しかも塗装をすることで、防水性や防火性、断熱性なども向上させられます。

もちろん、塗装の目的はそれだけではありません。

賃貸マンションのイメージチェンジに塗装を行いましょう

外観を美しく整えたり、イメージチェンジをするためにも塗装は行われます。特に店舗や賃貸マンションの場合、外観の変更、イメージチェンジは集客率・入居率の問題に直結します。

リフォームで入居率アップを!

たとえば、同じコーヒーショップであっても、壁の色が変わって、外観がオシャレなデザインに塗り替えられたなら、美味しいコーヒーをイメージしつつ、「ちょっと入ってみようかな」というお客さんは意外と増えるものです。

賃貸マンションにしてもそうです。部屋の間取りや築年数はほぼ同じでも、全体に薄汚れ、壁には細かなひび割れの跡まで見えるマンションと、キレイに塗り替えられたマンション。どちらに人は引き寄せられるでしょうか。

入居者が見つからないまま空室にしておくのは勿体無いとしても、かと言って、賃貸料を下げるのも考えものです。マンションの入居率アップに苦戦しているのであれば、外壁を思い切って塗り替えて、イメージチェンジを図ってみてはいかがでしょうか。

内装にも心配りを!

ちなみに、内装に関しても、予算が許すのであれば、ちょっと手を入れたいところです。
なにも大掛かりなことはしなくても、ハウスクリーニングをして、要所要所の塗装を少し変えるだけでも、部屋の印象は結構変わるものです。

最近は賃貸マンションのリフォームを得意とする良心的は工務店も少なくありませんから、一度相談してみるのもいいかもしれませんね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)