一軒家のリフォームで選ばれる工事内容はどういった物?

Sep - 20 2015 | By

一軒家のリフォーム

一軒家をリフォームすると言うのは、具体的にどのような場合でしょうか。

まず、施主がその住宅をどのような状態で購入したのかによっても変わってきます。

新築の場合、中古の場合でも、リフォームの目的が変わってきますね。

このサイトの著作者の紹介

塗装一筋数十年を持つ、このサイトの管理人の先輩である元職人。

最近こういった、建築系メディアに投稿を寄せる事が多く、本業である塗装は二年前に引退している。

主に 外壁の工事を行う際の豆知識 等有名なリフォームの記事を作成しており、沢山のメディアに注目されているライターです。

近々リフォームや外壁塗装に関する事を出版する事も検討している。

一軒家のリフォームは増築を行う事が多い!

非常に古い住宅を手に入れた場合、おそらくは土地の価値だけの事が多いようです。すると更地にして、家を建て直す場合もありますが、もし古い家の基礎がしっかりしていて、スケルトンでのリフォームが行えるのであれば、その方が安く済む事もあります。

昔は、住宅の古くなった部分だけを怖し、増築するケースも非常に多かったようです。

その場合、既存の基礎との接合が悪かったりすると不具合も生じるので、ほぼすべてをやり直す方が返って安全だったようです。

そのようにして中古住宅をリフォームして住む事も多くあります。長く住んでいると、家族構成が変わる事もありますね。

例えば子供が大学進学で一人暮らしを始めた、結婚して家を出る事になった。

その場合、残されるのが親だけになると、家の中に無駄な空間が増えてしまいます。

それをきっかけに大規模なリフォームを行い、夫婦二人で使い勝手の良いように改築を行うケースも良くあるようです。

たまに訪ねてくる子供夫婦や友人たちのために、宿泊用の部屋を作り、それ以外の部分は自分たちで自由に利用できる形にすると言うものですね。

一軒家のリフォームは、修繕や修復よりも、大きく雰囲気を変えてしまう事がケースバイケースで行えるのが特徴です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)